郵便局投資信託商品9 フィデリティ・日本配当成長株投信

フィデリティ・日本配当成長株投信は、最も新しい郵便局投資信託のひとつです。

この郵便局投資信託は、まず配当が成長する(増配)する企業をターゲットにすることで、力強い資産運用を狙っています。

それと同時に、仕入れ先も含めた徹底的な調査を踏まえて世界の競合他社と比較し、配当利回りが相対的に高い企業も取り入れて安定感を保ちます。

基本スタイルは、株式への投資を総額の65%超となることを基本としたアクティブ型の郵便局投資信託です。

やや高リターンを狙ったファンドなので、安全性を重視するなら他の郵便局投資信託との併用がお勧めです。


・販売手数料:3.15%
・信託報酬:1.134%
・信託財産留保額:1万口につき基準価額の0.3%

*販売手数料
買い付けた当日の基準価額に対してかかる手数料です。投資信託ごとに異なり、中にはノーロード(無料)のものもあります(郵便局投資信託にはなし)。

*信託報酬
運用時にかかる手数料で、毎日、純資産額に対してかかります。運用会社、管理会社、それに郵便局等の販売会社の3社に支払われます。

*信託財産留保額
売却時にかかる手数料で、基準価額に対してかかります。無料のものもあります(郵便局投資信託にもあります)。

郵便局投資信託商品8 野村資産設計ファンド(未来時計)

野村資産設計ファンド(未来時計)は、最も新しい郵便局投資信託のひとつです。

リタイアメント(60歳前後)に向けた資産形成と、リタイアメント後の資産活用を行う人向けの郵便局投資信託です。

国内および外国の「債券」「株式」「リート」に幅広く分散投資を行います。

これらの投資は、各資産を代表するインデックスに連動する投資成果を目指して運用されます。

リタイアメント世代がターゲットだけに、安全性の高い郵便局投資信託と言えます。

また、為替ヘッジは行われません。

しかし、国内外の資産に分散投資することで、通貨分散効果が期待できる郵便局投資信託です。

毎月分配型で、ターゲットイヤーから6つのファンドを選べます。


・販売手数料:1.575%
・信託報酬:(安定運用開始前)0.903% (安定運用後)0.8085%
・信託財産留保額:1万口につき基準価額の0.3%

*販売手数料
買い付けた当日の基準価額に対してかかる手数料です。投資信託ごとに異なり、中にはノーロード(無料)のものもあります(郵便局投資信託にはなし)。

*信託報酬
運用時にかかる手数料で、毎日、純資産額に対してかかります。運用会社、管理会社、それに郵便局等の販売会社の3社に支払われます。

*信託財産留保額
売却時にかかる手数料で、基準価額に対してかかります。無料のものもあります(郵便局投資信託にもあります)。

郵便局投資信託商品7 住信日本株式SRIファンド

住信日本株式SRIファンドは、後から追加された郵便局投資信託です。

SRIとは、社会的責任投資のことです。

日本国内のCSR(企業の社会的責任)活動に積極的な企業に投資して、TOPIX(東証株価指数)を上回る成果を狙う郵便局投資信託です。

投資先企業は、社会的責任の他、法的責任、環境的責任、経済的責任の4つの評価軸から多面評価して選び出されます。

住信日本株式SRIファンドは国内株式型ですが、CSR重視ということで、かなり安全性の高い郵便局投資信託と言えます。

その分、販売手数料は高めです。


・販売手数料:3.15%
・信託報酬:1.68%
・信託財産留保額:1万口につき基準価額の0.3%

*販売手数料
買い付けた当日の基準価額に対してかかる手数料です。投資信託ごとに異なり、中にはノーロード(無料)のものもあります(郵便局投資信託にはなし)。

*信託報酬
運用時にかかる手数料で、毎日、純資産額に対してかかります。運用会社、管理会社、それに郵便局等の販売会社の3社に支払われます。

*信託財産留保額
売却時にかかる手数料で、基準価額に対してかかります。無料のものもあります(郵便局投資信託にもあります)。

郵便局投資信託商品6 DIAM世界リートインデックスファンド

DIAM世界インデックスファンドは、後から追加された郵便局投資信託です。

日本を中心とする世界各国の不動産投信(REIT)に投資します。

S&P/シティグループ・グローバルREITインデックス(円換算・ヘッジなし)の動きに連動する郵便局投資信託です。

このインデックスは、世界10カ国に上場する210銘柄のREIT及び同様の制度に基づく銘柄をまとめた指数のことです。

毎月分配型のため、長期投資には向かない郵便局投資信託です。


・販売手数料:2.625%
・信託報酬:0.8925%
・信託財産留保額:1万口につき基準価額の0.3%

*販売手数料
買い付けた当日の基準価額に対してかかる手数料です。投資信託ごとに異なり、中にはノーロード(無料)のものもあります(郵便局投資信託にはなし)。

*信託報酬
運用時にかかる手数料で、毎日、純資産額に対してかかります。運用会社、管理会社、それに郵便局等の販売会社の3社に支払われます。

*信託財産留保額
売却時にかかる手数料で、基準価額に対してかかります。無料のものもあります(郵便局投資信託にもあります)。

郵便局投資信託商品5 日興五大陸株式ファンド

日興五大陸株式債権ファンドは、後から追加された郵便局投資信託です。

日本以外の海外の株式に投資する郵便局投資信託で、先進国22カ国の株式に80%、新興国26国の株式に20%を投資します。

外国株式型の株式投資信託としては、手数料は一般的なレベルにあります。

先進国と新興国の株式に、為替ヘッジなしで投資する郵便局投資信託です。


・販売手数料:2.1%
・信託報酬:1.155%
・信託財産留保額:1万口につき基準価額の0.3%

*販売手数料
買い付けた当日の基準価額に対してかかる手数料です。投資信託ごとに異なり、中にはノーロード(無料)のものもあります(郵便局投資信託にはなし)。

*信託報酬
運用時にかかる手数料で、毎日、純資産額に対してかかります。運用会社、管理会社、それに郵便局等の販売会社の3社に支払われます。

*信託財産留保額
売却時にかかる手数料で、基準価額に対してかかります。無料のものもあります(郵便局投資信託にもあります)。

郵便局投資信託商品4 日興五大陸債権ファンド

日興五大陸債権ファンドは、後から追加された郵便局投資信託です。

日本以外の海外の債券に投資する郵便局投資信託で、先進国(21カ国)の債券インデックスに80%、新興国(18カ国)の債券インデックスに20%を投資します。

国債を中心としており、安全性の高いファンドと言えます。

ただ、日興五大陸債権ファンドは毎月分配型です。

そのため、長期投資には向かない郵便局投資信託と言えます。


・販売手数料:2.1%
・信託報酬:1.05%
・信託財産留保額:1万口につき基準価額の0.2%

*販売手数料
買い付けた当日の基準価額に対してかかる手数料です。投資信託ごとに異なり、中にはノーロード(無料)のものもあります(郵便局投資信託にはなし)。

*信託報酬
運用時にかかる手数料で、毎日、純資産額に対してかかります。運用会社、管理会社、それに郵便局等の販売会社の3社に支払われます。

*信託財産留保額
売却時にかかる手数料で、基準価額に対してかかります。無料のものもあります(郵便局投資信託にもあります)。

郵便局投資信託商品3 GS日本株式インデックス・プラス

GS日本株式インデックス・プラスは、郵便局投資信託の販売当初からラインナップされていた商品です。

何かと話題の、ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメントの商品です。

通常のインデックスファンドより、少し戦略的に銘柄選びが行われている郵便局投資信託です。

TOPIX(東証株価指数)との連動を意識しつつも、TOPIXより安定的に上回る利益を目指しています。

純粋なアクティブ運用の投資信託ではありませんが、インデックス・プラスの名の通り、インデックス運用とアクティブ運用の中間を狙った郵便局投資信託と言えます。

信託財産留保額はなく、安全性重視ながら少し上の運用を狙う、といった時にチョイスしたい郵便局投資信託です。

・販売手数料:2.625%
・信託報酬:1.05%
・信託財産留保額:なし

*販売手数料
買い付けた当日の基準価額に対してかかる手数料です。投資信託ごとに異なり、中にはノーロード(無料)のものもあります(郵便局投資信託にはなし)。

*信託報酬
運用時にかかる手数料で、毎日、純資産額に対してかかります。運用会社、管理会社、それに郵便局等の販売会社の3社に支払われます。

*信託財産留保額
売却時にかかる手数料で、基準価額に対してかかります。無料のものもあります(郵便局投資信託にもあります)。

郵便局投資信託商品2 大和ストックインデックス225ファンド

大和ストックインデックス225ファンドは、郵便局投資信託の販売当初からラインナップされていた商品です

インデックスファンドの名の通り、日経平均株価に連動する投資成果を目指す郵便局投資信託です。

日本経済全体の成長に合わせたスタンダードな投資信託なので、初心者にもお勧めです。

ただ、同内容の銀行等が販売しているインデックスファンドに比べると、販売手数料が高めです。

郵便局投資信託としての信頼性を重視するなら、購入に値するファンドと言えます。

信託財産留保額は、ありません。

・販売手数料:2.1%
・信託報酬:0.546%
・信託財産留保額:なし

*販売手数料
買い付けた当日の基準価額に対してかかる手数料です。投資信託ごとに異なり、中にはノーロード(無料)のものもあります(郵便局投資信託にはなし)。

*信託報酬
運用時にかかる手数料で、毎日、純資産額に対してかかります。運用会社、管理会社、それに郵便局等の販売会社の3社に支払われます。

*信託財産留保額
売却時にかかる手数料で、基準価額に対してかかります。無料のものもあります(郵便局投資信託にもあります)。

郵便局投資信託商品1 野村世界6資産分散投信

野村世界6資産分散投信は、郵便局投資信託の販売当初からラインナップされていた商品です。

国内債券、外国債券、国内株式、外国株式、国内REIT、外国REITに分散投資する手堅い郵便局投資信託で、成長コース・分配コース・安定コースの3つに分かれます。

野村世界6資産分散投信に用意された3タイプの中で、成長コースリスクが最も高くなりますが、それでも投資先はかなり安全を重視した設計となっています。

信託報酬はリスクを考慮し、コース毎に異なりますが、販売手数料は共通です。

野村世界6資産分散投信は、郵便局投資信託の中で最も販売手数料が安く、初めて買うにもお勧め出来る商品です。

・販売手数料:1.575%(全コース共通)
・信託報酬:0.798%(成長)、0.7245%(分配)、0.6510%(安定)
・信託財産留保額:1万口につき基準価額の0.3%(全コース共通)

*販売手数料
買い付けた当日の基準価額に対してかかる手数料です。投資信託ごとに異なり、中にはノーロード(無料)のものもあります(郵便局投資信託にはなし)。

*信託報酬
運用時にかかる手数料で、毎日、純資産額に対してかかります。運用会社、管理会社、それに郵便局等の販売会社の3社に支払われます。

*信託財産留保額
売却時にかかる手数料で、基準価額に対してかかります。無料のものもあります(郵便局投資信託にもあります)。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。