郵便局投資信託は選びやすい!

投資信託には約2000本の商品があると言われています。

投資信託の運用成績は、ウィークリー(週次)とマンスリー(月次)の運用リポートで知ることが出来ます。

しかし、その全てを把握することは不可能です。

証券会社に行っても、どれが良いかあいまいなまま、勧められるまま購入するのがオチです。

一方の郵便局投資信託、現在は9種類となっています。

「少ない!」と思った人も多いでしょう。

しかし、9種類の内容を十分に把握するだけでも容易ではありません。

また、郵便局のこれまでの実績を重視したためか、安全性の高い商品を厳選した感じがあり、初めて購入する商品として良質揃いです。

郵便局投資信託は、必然的にビギナーに選びやすい環境が整っているのです。

元々、開始当初の郵便局投資信託は3種類のみだっただけに、現在のラインナップは充実していると言えます。

郵便局投資信託は担当者のサービス内容に価値あり

投資には、貯蓄にないリスクがあります。

運用におけるパートナー選びは重要です。

単純に知識レベルで言えば、証券会社の担当者が詳しいのは言うまでもありません。

しかし、郵便局は投資信託においては新参組だけに、窓口の担当者は親身になってくれる人が多いです。

また、リスクに対する説明が徹底しており、この点でも郵便局の担当者を、投資信託選びのパートナーとして選ぶ価値があると思います。

もちろん、個人差がありますので、実際に窓口に出向いて確認しましょう。

郵便局の担当者の説明がわかりやすく、親身に相談にのってくれるのであれば、まずはそのサービス内容を買うつもりで、郵便局投資信託を選びましょう。

郵便局投資信託は今までの付き合いを活かせる!

投資信託は1万円程度から投資出来る金融商品です。

運用のプロ、ファンドマネージャーが株や債券、不動産で運用してくれます。

基本的に運用はプロ任せですから、高度な勉強は不要です。

しかし、投資信託には様々な種類があります。

また、様々な金融商品に分散投資するので、現実感がありません。

だからこそ、信頼できる窓口を使いたいものです。


そこで郵便局投資信託です!!

銀行や信用金庫でも良いですが、最も身近なのは郵便局ではないでしょうか。

郵便、貯金、保険と様々なつながりがある郵便局は、今までの付き合いが活かせるだけに投資信託を始める上においても最良のパートナーになるはずです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。