郵便局投資信託商品8 野村資産設計ファンド(未来時計)

野村資産設計ファンド(未来時計)は、最も新しい郵便局投資信託のひとつです。

リタイアメント(60歳前後)に向けた資産形成と、リタイアメント後の資産活用を行う人向けの郵便局投資信託です。

国内および外国の「債券」「株式」「リート」に幅広く分散投資を行います。

これらの投資は、各資産を代表するインデックスに連動する投資成果を目指して運用されます。

リタイアメント世代がターゲットだけに、安全性の高い郵便局投資信託と言えます。

また、為替ヘッジは行われません。

しかし、国内外の資産に分散投資することで、通貨分散効果が期待できる郵便局投資信託です。

毎月分配型で、ターゲットイヤーから6つのファンドを選べます。


・販売手数料:1.575%
・信託報酬:(安定運用開始前)0.903% (安定運用後)0.8085%
・信託財産留保額:1万口につき基準価額の0.3%

*販売手数料
買い付けた当日の基準価額に対してかかる手数料です。投資信託ごとに異なり、中にはノーロード(無料)のものもあります(郵便局投資信託にはなし)。

*信託報酬
運用時にかかる手数料で、毎日、純資産額に対してかかります。運用会社、管理会社、それに郵便局等の販売会社の3社に支払われます。

*信託財産留保額
売却時にかかる手数料で、基準価額に対してかかります。無料のものもあります(郵便局投資信託にもあります)。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。